ADHDがーるが雑感をひたすら書くブログ

高校生でADHDと診断されて数年。投薬を開始し、備忘録がてら自己満ブログを書いています。

ADHD 薬 投薬 コンサータ 覚せい剤


みんなこんな感じで、ADHDの薬を批判したり、初めての投薬に不安になってたくさん調べると思う。


どうもねるです。


経験談沢山あるので、書きたいのも山々ですね。


FacebookTwitterで、ADHDの薬は子供を薬漬けにする!覚せい剤を飲ませている!虐待だ!
元々発達障害なんて存在しない!作られた病だ!



それに対してコメント欄では



賛成します!子供にそんな薬飲ませるなんてありえないです!みんなに知ってほしい! 子供に覚せい剤なんて飲ませるべきじゃない!


とこんな感のツイートや投稿を見たことある方、いるのではないでしょうか?


主に覚せい剤とはADHDの治療薬であるコンサータについて言われているのでしょうし、私も投薬を始める際悩んだことではありました。 (コンサータについては、これまで沢山情報収集されてきたであろう読者の方の知識に委ねさせて頂きますね。長くなるので。)


もし親世代なら、子供に投薬させるべきか迷うのは、当然と言ってもいいかもしれません。 身体にも負担がかかりますし。

でも、全く関係ない人間が、ああだこうだ言うのも、少し違う気がするんです。


自分の我が子が発達障害特有の症状で、学校にうまく馴染めず悩んでいたならまた話は変わるのでは無いでしょうか?


コンサータドパミンなどに関与し、沈静作用があると言われていますが、定型発達の方が飲むと興奮したりもするそうです。


これはきっとそういった批判の記事には書いていない情報です。


赤の他人だから批判できます。


子供のためとか、虐待だとか、そういう批判は、あまり知らない人が言うんです。 私は当事者としてそう思う。


複雑に絡み合っている物はたくさんの側面があるから、ひと口に良い、悪いなどと言えないのでは無いでしょうか?



発達障害で投薬する方は、たくさんの情報が蔓延しているのできっと、混乱することでしょう。


副作用を綴ったブログなどを見ると不安にもなると思います。


でもどうか、たくさんの情報を自分の目で見てください。


同じような境遇の方を是非参考にしてください。


ネット社会の悪い所だけに目が向いて、情報だらけの混沌とした世界に溺れてしまわないように、 祈るばかりです。


そのために私もブログやろうって思ったわけですしね。



コメントでもし聞きたいことなどあれば、記事にしたり、答えたりしたいと思いますので、もし何かあれば。




すごい熱くなって長く書きすぎてしまった。


これぞ過集中。さすが感半端ないです。




また更新します。おやすみなさい